ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺の木更津スピリット!?

写真 2011-05-22 16 21 52

富士屋のラーメン。
私にとってそれは、原点というか、根本というか。
ラーメンといえば、富士屋なのです。

分類でいくと、竹岡系になるんでしょうね。
竹岡式ラーメンの原点は梅乃家なのでしょう。
でもやっぱり、私にとっては富士屋なのです。
くどいか。

かれこれ20年以上の付き合いです。
学生の頃には週5食べたときもありました。
今は亡き、揚げワンタンも食べました。
(揚げワンタンはいまいちでしたが…)

そんなこともあって、このラーメンは私の食文化なのでございます。
ラーメンの好き/嫌いの判断は、潜在意識の中でこの味が影響を与えていることは間違いありません。

姉ヶ崎や五井にも富士屋があるのは、社会人になってから知りました。
姉ヶ崎が本店であることも。
しかし、やっぱりちょっと味が違うんですよね。
姉ヶ崎のチャーシューは脂が多くてやわらかくビックリしましたが、やっぱ木更津のしょっぱいゴリゴリのほうがしっくりくるんです。
そして姉ヶ崎で食べて、何よりも違和感があったのがニンニク。
すりおろしニンニクだったんです。
木更津はご存じのとおり、刻みニンニク。
スープに絶妙にマッチします。
すりおろしだと辛味が強くなってしまい、スープとうまく調和せずニンニクが主張しすぎてしまう。

木更津店も、昔に比べれば少しずつ変わってきている。
チャーシューも脂が多い肉を使うようになってやわらかくなったし、角チャーのしょっぱさが若干無くなった。
打ち粉の影響かスープがトロっと泡立っていたが、最近はそれもなくなった。

他県の方にとっては、このラーメンはまずいラーメンかもしれない。
九州出身の会社の先輩は、「しょっぱくて食えねぇ!」と言っています。
しかも、ワンタンメンを注文しようとして「ワンタンお願い」と言い、来たらワンタンしかなく麺がなかったと怒ってました(笑)
”ワンタン”というメニューもありますからね。


ずらずらと、なにが言いたいのか分からない文章になってしまいましたが。
結局言いたかったのは、俺の木更津スピリットは、ラーメン富士屋にもあるということです。
そして、木更津市民にとって、ソウルフードでもあるのではないでしょうか。

あぁぁぁ、食いたくなってきた。


スポンサーサイト

| ちょーイイッス!!木更津ぅ。 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://onesblog.blog86.fc2.com/tb.php/396-9d4ab715

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。