ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

参加してきました! 『漁師体験~江戸前海苔づくり』。 - 其の1 -

木更津に住んでいながら、木更津のこと、な~んも知らない私。
海苔のことも、売っているのは知っているのですが、自信もって「木更津の海苔、まじお勧め!」と言えるほどの知識は持ち合わせておりませんでした。
そしたら、海苔づくり体験ができることを知りまして。(広報きさらづだったかな?)
しかし、1グループ(4名まで)で10,000円という料金設定が書かれており。
「1人で参加しても、4人で参加しても10,000円!?」と、腑に落ちず。
息子と2人で参加したら1人5,000円だよな~と、どうしようか悩んでおりました。
そんな悩みをtwitterでボソッと呟いたら、親切な方が、1名2,500円で参加できるようになったことを教えてくれました!ありがとうございました~!
それを知った私は、即、申し込み!

そして息子と2人、木更津金田の浜活性化協議会さんが主催する『漁師体験~江戸前海苔づくり』に参加してきました!
P3053472_20110305230447.jpg
市内、市外、県外、いろんな方が参加されていました。
天気に恵まれてよかった!
少し霞んではいたものの、富士山もきれいに観れました。

まずは、手漉きでの海苔作り体験。
昔やっていた海苔の作り方を再現。
この方法は、今の生産者の方もやっていないそうで。
そりゃそうだよな~。って私は、今もそうやって作っているところもあるんだと思ってました(笑)
P3053475_20110305230447.jpg
塩水に入った海苔を良くかき混ぜて枡ですくい、枠をのせた巻き簾へ流し込む。
思ったよりも難しい。
海苔がきれいに拡がりません。
何度かやるうちにコツが分かってきたのですが、躊躇せず一気にシュバッと入れるといい感じ。
海水が拡がってから抜けるので、海苔が均一に拡がるんですねー。

P3053482_20110305230447.jpg
これはちょっとまだら。
これだとひび割れちゃうそうで。

脱水します。
P3053494.jpg
海苔が押されて表面がきれいに平らになり、ここで一気に見た目がいつもの海苔らしくなります。

金具に引っかけて天日干し。
P3053507_20110305230447.jpg
今日は天気がよく日射しが強いので、裏っ返して干す。
その辺は漁師さんの知恵と経験なんでしょうね。

海苔づくり体験の後は、海苔づくり工場の見学。
今朝は時化っており海苔漁には出れなかったそうで、工場は稼働していませんでした。
漁に出れていれば稼働しているところが見学できたそうです。残念!
P3053504.jpg
ゴミの除去、洗い、細かく刻む、塩分調整などなど、たくさんの工程があります。
工程ごとの専用の機械がずらーっと並んでいました。

P3053505.jpg
先ほど私達が一生懸命に手漉きで作った海苔。
それをこの機械がガッシャンコと自動で作っちゃう。
文明の力ですねぇ。
日本でも最大級の機械だそうです。
千葉県で作っている海苔は全国生産量の5%、金田漁協ではその県内生産量のうち10%を生産。
木更津でたくさん作ってるんですね。
この加工工場では、1次加工(乾燥海苔)まで。

そしてとても楽しみにしていた、海苔柵漁場の見学。
早朝の海はかなりうねりがあって、出航が危ぶまれたのですが。
風もやみ、出航できるそうで。
やった!
P3053511.jpg
簀立船に乗りこみます。
ワクワク!

アクアラインを横目に、海苔柵漁場へ向かいます。
P3053513.jpg
雪化粧の富士山、レインボーブリッジ、スカイツリーが良く観える。
海に出ると、風がグッと冷たくなります。

約1km沖に海苔柵漁場があります。
P3053519.jpg
この時は水深50cm程度。
こんなに沖でも、とても浅いんですね。
そして、海苔が海面から上に出ています。
これが金田の海苔養殖の特色。
天日を浴びたり、海水に浸ったり。
それが金田の海苔の美味しさを生み出しているんです。
この養殖方法で採れた海苔は少し赤味がかかる。
それがまた金田の海苔の特徴で、旨い海苔を見分けるコツだと船を操縦していた会長さんが教えてくれました。

漁は10月頃から始まり、年末までは贈答品として海苔の需要が多く忙しいそうで。
また、新海苔なのでその時期の海苔はとても旨い。
その後は、年が明けて4月頃に漁を終える。
今年の年明けからは、雨が降らずに海苔漁が厳しかったなんて話をしてました。
えっ!?雨が関係するの?って疑問に思い質問してみたら。
小櫃川から流れ出るミネラルが、この金田の海苔養殖には重要なんですと!
小櫃川が美味しさを運んでいるんです。
ほほー。
山も海も空も、自然はすべて一体はなのだと深く感させられる言葉でした。
自然の恵みを、金田漁協の皆さんは”海苔”という形で、私達に提供してくれているんですね!

養殖のことをいろいろと知ったあとは、東京湾プチクルージング。
なんとアクアラインの下を通りました!
P3053532.jpg
なんとも貴重な体験!
木更津沖の東京湾を満喫。

上陸したら送迎バスで与兵衛さんへ。
P3053545.jpg

鉄砲巻きを自分で巻き巻き。
食べ放題。
P3053547.jpg
香りが立つ程度の醤油をたらした鰹節を巻いた、シンプルな海苔巻き。
美味しいですね。
与兵衛さんで作っている焼きのりが美味い!
アサリの味噌汁がまた美味い!
自家で漬けているたくあんも美味しく、細く切ってもらってたくあん巻きにもしました。
昔の漁師さんは、必ずこの鉄砲巻きを持って漁へ。
片手でかぶりつけるところもよかったんでしょう。
「海苔は栄養豊富!わたしゃ1日2枚食べてますよ。皆さんもそうすりゃ長生きしますよ!」
いいキャラしてる元気なオヤジさんが熱く語ってました!
私は4本、息子は2本でギブアップ。
過去には11本食べたお子さんがいたそうで。お茶碗11杯分ですよ。すげっ。

腹いっぱいになり、満足したところで手漉き海苔を作った場所へ戻る。
直射日光に照らし最終乾燥。
P3053554.jpg
耳を澄ませば、パチパチと。
「海苔が鳴く」音がしています。

乾燥が完了したら、巻き簾から海苔をはがします。
感動の瞬間です。
P3053555_20110306011359.jpg
海苔が薄くて切れてしまっていたり、分厚くなっていたり。
出来上がりはさまざまでしたが、自分が作った海苔が形になっているのはとても嬉しい!

漁場から持ってきてくれた生海苔。
P3053558.jpg
手摘み体験をします。
そしてそれがお土産になります。
夢中になって大量の生海苔を摘みまくりました。
昔の漁師さんは、寒い冬の海で手で摘んでいたことを考えると、とても大変でしたでしょうね。

生海苔の三杯酢を試食。
P3053557.jpg
まじ旨ぇ。
たまらん。
木更津市民でよかったと思えた瞬間でした。
そして、こんな美味しい海苔を育てている漁師の方々に感謝の瞬間でもありました。

以上で、すべてのイベントを終了。
関係者の皆様、貴重な体験をさせていただきましてありがとうございました!
もりだくさんの1日!大満足!
皆さん陽気で面白い方ばかりだったし。楽しかったっす!
そして、木更津のこと、また一つ知ることができました。

作って持ち帰った海苔と手摘みした生海苔の食べた感想は、また後日記事にしたいと思います。


東京湾で唯一自然の干潟が残る木更津。
昔、他の地域は京葉コンビナートとして埋め立てが進み、工場が建設され。
木更津だけ工場ができないことを残念がる声もあったそうですが。
そりゃそうですよね。財政、潤いますもん。
そして今も財政難な木更津市。
だけど、今となっては、その自然が木更津の財産!
壮大な自然は、人間の手で作り出すことはできません。


木更津に生まれて、よかったな!息子!


P3053506.jpg


- 関連記事 -
参加してきました! 『漁師体験~江戸前海苔づくり』。 - 其の2 -
スポンサーサイト

| ちょーイイッス!!木更津ぅ。 | 01:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

おはようございます
これもいい企画ですね。
行きたいけど、日程が合いにくいなぁ...

| ありしま | 2011/03/06 06:55 | URL | ≫ EDIT

No title

はじめまして。
3年ほど前からこちらに住んでいますが、私も木更津の海苔大好きです!
生の海苔を軽く火であぶって食べると(そんな食べ方もこれまで知りませんでしたが)本当に香ばしくて美味しいですよね。
初めて食べた時は衝撃でした。
こういう自然の財産は大事に残したいですね。またお邪魔させていただきます。


| puyan | 2011/03/06 17:59 | URL | ≫ EDIT

Re: No title

ありしまさん

どーもです。
一般向けに開催を公募したのは今回が初めてみたいでした。
今年は今回で終わりで、また来年です。
新海苔の季節~暮れまでは本業(海苔の生産)が忙しく、比較的余裕がでる年明け以降にまた開催を予定しているそうですので、ご都合が合えばぜひ参加してみてはいかがですか?
とても楽しいですし、地元の海苔のことを身をもって知ることができて、とても面白いですよ!

| Hiro★ | 2011/03/06 22:32 | URL |

Re: No title

puyanさん

はじめまして!
blog拝見させていただきました。
前は都内にいらしたんですね。
Carry-meで輪行通勤、それいいですね~。
あの自転車チームにも所属されているんですね。
皆さん凄い距離を走っていて、その体力に関心します。

乾燥海苔をコンロで炙ったときにひろがるあの香ばしさ、たまりませんよね!
そしてパリパリに焼け鮮やかな緑色になった焼きのり、美味しいです。
海苔の養殖方法にもいろいろあって、空中にさらさない方法は大量生産に向き、海苔の佃煮やコンビニおにぎりの海苔に使われます。
木更津の養殖は記事に書いたような方法で、大量生産には向きませんが、とても旨味のある美味しい海苔が育ち、それがゆえ贈答品に好まれるのだそうです。

地産地消、木更津の海苔をいっぱい食べましょうね!
それが、木更津の漁師を助ける一番の方法だと漁師の方が言ってました。

| Hiro★ | 2011/03/06 23:19 | URL |

なるほどぉ~

海苔作り体験楽しそう!お天気にも恵まれて良かったですね。
海苔ってこうやって作るんですね。
旦那の実家は祖父の時代に海苔をやっていたそうです。
今は廃業してしまいましたが、旦那は学生の頃、沖にある見張り小屋の手伝いなどをしたそうですよ。
機会があれば私も子供たちと一緒に体験してみたいな♪

| えの助手 | 2011/03/07 13:49 | URL | ≫ EDIT

Re: なるほどぉ~

えの助手さん

先日はtwitterでクリティカルな情報教えていただいてありがとうございました!
一発で悩み解決!
貴重な体験が出来たのも、えの助手さんが教えてくれたおかげですよ~。
仕事もムリくり他の人に引き継いで…。ニヤリッ!

沖にある見張り小屋、あそこは一度でもいいから入ってみたいです。
密漁を監視しているんですよね。
小屋に続く電柱の列は、TVのなにこれ珍百景に出てました。

子供も一緒に楽しめるし、大人もとっても楽しめますよ。
ぜひ都合が合えば参加してみてくださいね。

| Hiro★ | 2011/03/07 20:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://onesblog.blog86.fc2.com/tb.php/347-2055a703

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。