ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南房総市千倉の民宿・食堂 『正ちゃん』。

成人の日がある三連休の初日。
この日は、息子と二人、自転車で房総を旅をしていた。

*

この連休で、息子と自転車で輪行するのは決めていたが、宿泊しようと考えたのは直前の夜中。
仕事に影響されずに過ごせそうだったので、「泊まっちゃうか~!?」と暴走ぎみ。
走行ルートはほぼ決まった。
明日のためにも早く寝たかったので、じゃらんで適当に千倉の宿を探す。
できれば夜の食事は宿でいただきたかったのだが、直前では予約を締め切った宿も多い。
じっくり探す時間もない。
しゃーない、素泊まりすっか。

*

辺りはもう真っ暗。
千倉駅を出たのは19時過ぎだったか。
宿へ向かいながら、食事処を探す。
息子は蕎麦が食いたいらしい。
しかし、この時間、なかなか無い。
駅を離れるにつれ、明かりも少なくなってきた。
宿には近づきつつあるが、開いている蕎麦屋がない。
途中、とんかつ屋が開いていたが、この先蕎麦屋を期待してスルー。
そうこうしているうちに、宿の近く、宿へ行くために右に折れるところまできてしまった。
やばい、このままだと食事にありつけない。
曲がるべきところを直進。
道なりにカーブを曲がり終えると明かりが見えた。

嗚呼、よかった。
ごはん食べれる。
民宿・食堂 正ちゃん。
page1_20110110234444.jpg


なんともきどらない看板がいい感じ。
「食事だけなんですけど…」
おにぎりのような顔をしたおじいちゃんが正ちゃんのようだ。
「おー、大丈夫だよ、寄ってきなー。」

一度外に出て、適当に置いといた自転車の置き場を探す。
ガサゴソとやっていたら、オヤジさんが出てきた。
「さみーだろうから早く入んなー。その辺、適当に置いとけばいいよー。」
うぅ。その心遣い、優しさが身に染みる。

店内は充分に暖かいが、夜道を自転車走らせて冷え切った身体。
それも察して、ファンヒーターの風が当たる席に通してくれた。

オヤジさんのおまかせで刺身を盛ってもらう。
定食にしてもらいました。
P1082432.jpg
アジ、イナダ、イカ。
旨い。
外房でいただく刺身、たまらん。
小皿で出てきた、やわらかく煮た大根も美味しい。

店内には先客でおじいちゃんがひとり。
風貌からすると地元の方だろう。
日本酒をチビチビやりながら煮物をつっついている。
言葉は発しないが、とてもニコニコしている。
そして、私達とオヤジさんの会話に、うんうんと、何度もうなずいている。
この空間、最高だぜっ。

会話にはこの日の自転車の旅の話も。
そんな会話のなかから、翌日の朝食を気遣ってくれて、おにぎりを握ってくれました。
P1082434.jpg
おかかを入れて、味付き海苔をペロッと巻いてある。
無骨な見た目だけど、オヤジさんの優しさもつまってて。
翌朝、宿泊先で美味しくいただきました。

美味しい魚、ごちそうさまでした。
いろいろありがと、オヤジさん。

- 今回のごちそうさま -
おまかせ刺身定食 二人分盛り:\2,000

- MEMO -
千葉県南房総市千倉町忽戸644-4

より大きな地図で ちょーイイッス!!木更津ぅマップ。 を表示
スポンサーサイト

| ちょーイイッス!!千葉県っ。 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://onesblog.blog86.fc2.com/tb.php/295-6d182c48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。