ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車のギヤの調整。

購入したドッペルギャンガー203CR君。
どうもギヤ変速がよろしくありません。
ペダルをこいでいると、ギヤからかたかた音がします。

そこで、ギヤの調整をすることに。
見てみると調整ネジらしきものがあるので、自己流でTry and Errorで調整してみる。
・・・うーん。さっぱりうまくいかない。
ていうか、悪化してきている。。。

ギヤの調整についてググってみると、やっぱり同じように悩んでいる方はいらっしゃいました。
 → こちら を参考にしました。

印刷して文章のとおりに調整をすすめてみる。
ハブスタンド持っていないので、自転車を逆さにしてやった。
203CRにはフロント変速ギヤはないため、その部分はとばす。

するとどうでしょう。
一発ですんなり調整できました!
走りながらギヤを変えると、カチャッ・カチャッと小気味よい音をたててスムーズに変速します。
気持ちいいですねぇ。

覚書として引用させてください。

新車を組み立てる時の様な手順でご説明します。
ハブスタンドなどで後輪を持ち上げる方法です。(疲れますが誰かに持っていてもらう方法もあります)
当然の事ですが、変速する時はペダルは回しながらです。
(1) まず後ろの変速機(リヤディレイラーといいます)を小さいギア(トップ)に変速させ、ワイヤーを緩めます。
<緩め方>(ワイヤー固定ネジは緩めずに作業します)
リヤディレイラー繋がっているワイヤーケーブルの根元にあるダイヤル(錆びていなければ、指でつまんで回せるはずです)を右回しに閉め込みます。
変速を操作するレバーの所にも同じようなダイヤルがあれば、それも右回しに閉め込みます。(これによりリヤの変速ワイヤーが弛みます)
(2) フロントのギアを一番外側へ変速してください。
(3)右手でペダルをまわしながら左手でリヤディレイラーのトップ側のねじ(殆どが上のネジ)を締め込み(右回り)、チェーンが「カチャカチャ」音鳴りを始めたら、今度はゆっくり緩め(左回り)て音鳴り止んだらそこでストップ。
(4)今度はフロントをインナーギアに入れ、リヤディレイラーを手で押してリヤをゆっくり(早くやると変速調整が狂い過ぎていた時にチェーンが内側に外れる可能性があります)一番内側のギアに変速させます。
(5)ここでペダルの回転は止め、なるべくリヤディレイラーを正面から見ます。
(6)再度リヤディレイラーを手で内側へ押してリヤディレイラーの小さな歯車(プーリーといいます)の上側とリヤのインナーギア(内側の一番大きな歯車)と位置関係を見ます。
(7)リヤディレイラーの下側のネジを締めるとリヤディレイラーは位置側に行かなくなり、緩めると内側にいくようになります。これによりプーリー(上側)とインナーギアの位置が縦に一直線に調整します。
(8)最後にワイヤー調整。フロントはインナーギア、リヤはインナーギアより1つ外の2番目に。この時「2番目」と言うのは実際に「2番目」にチェーンをかけるのではなく、変速レバーの操作上です。
(9) (1)で締めたネジを緩めて行き、今度はチェーンを実際に「2番目」にチェーンがくるようにします。更に緩めるとチェーンがインナーギアに当たって「シャリシャリ」と音がします。
(10)音が鳴る所まで緩めたら、今度は少しずつ締めて、音がしなくなる所でストップ。

感謝!
スポンサーサイト

| 息子と自転車探検。 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://onesblog.blog86.fc2.com/tb.php/107-b4d2e038

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。