ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳳神ヤツルギ2チャリティイベント がんばろう日本!

例えば、このヒーローが八剱じゃなかったら。
例えば、このヒーローが木更津じゃなかったら。

入り口は、確かにそこでした。
「見せてやるぜ!!俺の木更津スピリット!!」
今年の初めの頃でしたでしょうか。
放映開始を宣伝するポスターを八剱八幡神社で見たときは、とても興味をそそられました。
単に”木更津”が舞台だったから。

*

この日も寒い日でした。

PC186584.jpg

日陰の水溜りには薄い氷が。
手袋なしには自転車はきつい季節です。
そんなのお構いなしなのは息子。
「手袋なんてなくてもだいじょうぶだよ。マラソンでいつもそうだもん。」
元気だな、ほんと。

PC186596.jpg

お客さんは何人いたのでしょうか。
とてもじゃないけど数え切れません。
木更津市民会館大ホールが、満席まではいきませんが大勢のヤツルギファンの皆様で賑わいます。

PC186586.jpg

ヤツルギ2の第1話の上映が始まり、来年ヤツルギがまたテレビで見れることに嬉しくなってしまいました。
だけど初盤~中盤へと、やや正統派なヒーロー物な感じが…
あれっと思ったけど、終盤での展開にホッとしました。
私が好きなヤツルギは、やっぱそっちだなぁと実感した次第です。

PC186587.jpg

なりきりコンテスト、みなさんすごいですね。
その完成度に、ヤツルギへの愛情が垣間見れました。
子供たちもキャラクターになりきって、キメのポーズとか可愛らしかった。
妻は、
「次回は私もがんばろー!」
と息巻いておりました(笑)

アクションショーはいつもとは一味違いました。
照明での演出もあり、キャストの皆さんが演じていたこともあってヤツルギの世界に入り込んだかのような錯覚さえありました。

日野章吾さんとファンガークさんのライブは、紅陵の吹奏楽部とコラボ!
生声聞けてよかったなー。
”ヤツルギ将来 ヒーローになるための第一歩”では、キャストや演者のみなさんと、子供たちが元気よく踊って。
もちろん、ヤツルギダンス部の皆さんも。

そしてこの日。
忘れられないのが、マリちゃん、いや、笹丘 明里さんの”涙”でした。
溢れ出る涙の源がなんなのか、私には計り知ることができません。
だけど。
いつまでもこみ上げて抑えられないその涙には、単なるヒーロー物ではない”ヤツルギ”の本質があった気がします。

*

キャスト・演者の皆さん、プロデューサ・スタッフの皆さん、ヤツルギファンの皆さん、楽しい一日をありがとうございました。
イベントが終わって、夕刻には空がヤツルギ色に染まっていました。

PC186597_20111220021012.jpg


”木更津”が舞台だったから。
入り口は、確かにそこでした。
しかし今となっては、それはヤツルギを楽しむ一要素にすぎません。
入り口の扉を開け、入ってみたらそこには…


スポンサーサイト

| ちょーイイッス!!木更津ぅ。 | 02:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年10月29日の、息子と自転車探検。

この日は、私がCarry-meを購入して初の自転車探検。
秘める性格や個性を感じながら木更津を軽く走ってきました。

イオン木更津でヤツルギショーに向かいます。

2011-11-23 029

マリちゃんも来ていることもあってかな、すごいお客さん。
子供たちの元気な声が店内に響き渡ります。
みんなヤツルギダンスも楽しそうに踊ってました。

2011-11-23 024

ヤツルギダンス部の皆さんも楽しそうです。
息子もちゃっかりまじって踊ってます。
一応顔は隠しておきますが、そこには生き生きとした笑顔がありました。
代表のジョニーさんの情熱もすごいのですが、ヤツルギファミリーの情熱もすごい。
その情熱が着実に広がっていると、最近感じます。
木更津のヒーローが、全国のヒーローとなる日がきっと来るでしょうね。
妄想的な想像ではなく、現実的なビジョンとして想像ができるところまできているような気がします。

ショーの後は、2階のキッズプレイルームで一遊び。
妻と車で来た次男と一緒に大汗かきながら遊んでいました。
ボールプールに躊躇なく、そして容赦なく飛び込む次男を見て、そんなところにも成長を感じつつその無邪気さにおのずと心が和む私でした。

お腹も空きまして、久しぶりにここのラーメンをいただく。

 → 関連記事:木更津のラーメン屋 『ラーメン 大将』。 - 其の3 -

2011-11-23 063

おやじさんにいただいた飴を舐めて、とても嬉しそうです。

2011-11-23 067

段差には気を使うものの、その外見からは想像できない意外なその走行性の高さ。
軽量なだけに、ペダルを踏み込む力がそのまま前へのベクトルとなるダイレクトな気持ちよさ。
まったくガタツキ感はなく、「自転車に乗る」という基本的なところにあるべき安心感があります。
さすが、r&mなどの有名ブランド自転車のフレーム・パーツを生産請負している会社が創り出した自転車です。
ちょっと値は張りますけどね。

帰りがけ、ブラジル屋さんへ寄り道。

 → 関連記事:木更津のコーヒー屋 『自家焙煎コーヒー ブラジル屋』。 - 其の9 -


Carry-me、いい自転車ですね。


2011-11-23 072


- 今回の記録 -
自転車開始:2011/10/29 13:09:23
自転車完了: 2011/10/29 17:40:11
バイクタイム: 40:07
停止時間: 3:50:37
距離: 8.12 km
平均: 時速 12.14 km
最高スピード: 時速 15.13 km
登り: 292 メートル
カロリー: 221

大きな地図で見る

| 息子と自転車探検。 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。