ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

swap領域を作成する。

 先日やったAspire Oneへのubuntuインストール時に、パーティション構成を思い通りに作成できなかったため削除したswap領域を再作成する。
 → 先日の失敗
  • fdiskでswap領域を作成
 GNOME端末を立ち上げ、なんとか下記のようにして作成することができた。
$ su
パスワード:

# fdisk /dev/sda

このディスクのシリンダ数は 19457 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
(例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)

コマンド (m でヘルプ): m
コマンドの動作
a ブート可能フラグをつける
b bsd ディスクラベルを編集する
c dos 互換フラグをつける
d 領域を削除する
l 既知の領域タイプをリスト表示する
m このメニューを表示する
n 新たに領域を作成する
o 新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
p 領域テーブルを表示する
q 変更を保存せずに終了する
s 空の Sun ディスクラベルを作成する
t 領域のシステム ID を変更する
u 表示/項目ユニットを変更する
v 領域テーブルを照合する
w テーブルをディスクに書き込み、終了する
x 特別な機能 (エキスパート専用)

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 19457 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x11a8ba38

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 5099 40957686 7 HPFS/NTFS
/dev/sda2 5100 5111 96390 83 Linux
/dev/sda3 5112 7543 19535040 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e 拡張
p 基本領域 (1-4)
e
Selected partition 4
最初 シリンダ (7544-19457, default 7544):
Using default value 7544
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (7544-19457, default 19457):
Using default value 19457

コマンド (m でヘルプ): n
最初 シリンダ (7544-19457, default 7544):
Using default value 7544
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (7544-19457, default 19457): +2G

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 19457 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x11a8ba38

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 5099 40957686 7 HPFS/NTFS
/dev/sda2 5100 5111 96390 83 Linux
/dev/sda3 5112 7543 19535040 83 Linux
/dev/sda4 7544 19457 95699205 5 拡張領域
/dev/sda5 7544 7805 2104483+ 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): t
領域番号 (1-5): 5
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): l

0 空 1e Hidden W95 FAT1 80 古い Minix bf Solaris
1 FAT12 24 NEC DOS 81 Minix / 古い c1 DRDOS/sec (FAT-
2 XENIX root 39 Plan 9 82 Linux swap / So c4 DRDOS/sec (FAT-
3 XENIX usr 3c PartitionMagic 83 Linux c6 DRDOS/sec (FAT-
4 FAT16 <32M 40 Venix 80286 84 OS/2 隠し C: c7 Syrinx
5 拡張領域 41 PPC PReP Boot 85 Linux 拡張領 da 非 FS デー
6 FAT16 42 SFS 86 NTFS ボリュ db CP/M / CTOS / .
7 HPFS/NTFS 4d QNX4.x 87 NTFS ボリュ de Dell ユーテ
8 AIX 4e QNX4.x 2nd part 88 Linux plaintext df BootIt
9 AIX ブート 4f QNX4.x 3rd part 8e Linux LVM e1 DOS access
a OS/2 ブート 50 OnTrack DM 93 Amoeba e3 DOS R/O
b W95 FAT32 51 OnTrack DM6 Aux 94 Amoeba BBT e4 SpeedStor
c W95 FAT32 (LBA) 52 CP/M 9f BSD/OS eb BeOS fs
e W95 FAT16 (LBA) 53 OnTrack DM6 Aux a0 IBM Thinkpad ee GPT
f W95 Ext'd (LBA) 54 OnTrackDM6 a5 FreeBSD ef EFI (FAT-12/16/
10 OPUS 55 EZ-Drive a6 OpenBSD f0 Linux/PA-RISC
11 隠し FAT12 56 Golden Bow a7 NeXTSTEP f1 SpeedStor
12 Compaq 診断 5c Priam Edisk a8 Darwin UFS f4 SpeedStor
14 隠し FAT16 <3 61 SpeedStor a9 NetBSD f2 DOS セカン
16 隠し FAT16 63 GNU HURD また ab Darwin boot fb VMware VMFS
17 隠し HPFS/NTF 64 Novell Netware b7 BSDI fs fc VMware VMKCORE
18 AST SmartSleep 65 Novell Netware b8 BSDI スワッ fd Linux raid 自
1b Hidden W95 FAT3 70 DiskSecure Mult bb 隠し Boot Wiz fe LANstep
1c Hidden W95 FAT3 75 PC/IX be Solaris boot ff BBT
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 82
領域のシステムタイプを 5 から 82 (Linux swap / Solaris) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 19457 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x11a8ba38

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 5099 40957686 7 HPFS/NTFS
/dev/sda2 5100 5111 96390 83 Linux
/dev/sda3 5112 7543 19535040 83 Linux
/dev/sda4 7544 19457 95699205 5 拡張領域
/dev/sda5 7544 7805 2104483+ 82 Linux swap / Solaris

コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。

警告: 領域テーブルの再読込みがエラー 16 で失敗しました: Device or resource busy。
カーネルはまだ古いテーブルを使っています。
新しいテーブルは次回リブート時に使えるようになるでしょう。
ディスクを同期させます。
言われるがまま、素直にリブート。
ああよかった。システムモニタにスワップが表示されるようになりました。
Screenshot-システム・モニタ
スワップ全然使ってないね。メモリが十分なのか。様子を見よう。
スポンサーサイト

| その他もろもろ。 | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。