ちょーイイッス!!木更津ぅ。

choice!! kisara-Do. 息子、木更津、そして自転車。時々、房総半島 by へーたろー☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BBB MOUTRACK BCA-02。

息子と自転車の旅。
実行にむけて、着々と準備がすすんでおります。

旅の荷物、私が全部キャリアで積むのはつらい。。。
なんとか息子の自転車にもキャリアを。

P5057613.jpg

最初はCarry-meでの輪行旅用に買ったこのキャリア。
息子の自転車にもよさそうではないか。

P5057614.jpg

このキャリアの取り付けは27.2~31.6mmまで対応。
息子のシートポストはそれよりも細かったので、ホームセンターで3mm厚のゴムシートを買い、間に挟みました。

P5057616.jpg

いい感じです。
ただ、ゴムシートがちょっと厚いのか、横の衝撃があるとキャリアがずれる。
アルミ板でも挟んだほうがいいかな?

自分の荷物は自分で運ぶんだ!息子よ!

遊び道具も詰め込んでな。

P5057621.jpg




スポンサーサイト

| 自転車Goods。 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SUNNYWHEEL FI-119FR。

P5057605.jpg


息子の自転車のフェンダー、前はボロボロ、後ろは壊れてとれちゃってました。
なぜボロボロか。
いつも息子がフェンダーを足でタイヤに押し付けてブレーキをかけたりするんです。。。

泥はねって汚れ落ちにくいんですよね。
交換修理することに。

P5057606.jpg

子供用自転車のフェンダーって、見た目命というか、なんかとても短い。
あれじゃぜったい背中に泥かかるよな、って思ってました。
そこでこれ。
ロードバイク用のフェンダーです。
幅が狭いかなと心配でしたが、ちょうどぴったりくらい。
金具を取り付けた後でも、フェンダーのレバー操作でいつでも取り外しが可能です。

P5057607.jpg

今回は次男が手伝ってくれました~

P5057610.jpg

もうこれで水たまりもへっちゃらさ。


| 自転車Goods。 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Flare 3 Taillight。

雨ですね。
雨ですね。

また自転車いじり記事です。
だんだんと自転車ブログと化しつつありますが。
また自転車いじり記事です。
雨ですから。

テールライトにBONTRAGERのFlare 3 Taillightを使用しています。
パッケージの文句には1.6km先からも見えるという!
夜の自転車走行は危ないですからね。
ビカビカ光らせて走ってます。

以前、キャンプツーリングのためにキャリアを付けたら、テールライトにいい場所がなくなってしまいました。
しかたなくサドルバックに付けていたけど、どうもブランブランしていやな感じ。
キャリアの後ろに取り付けできるテールライトを探したけども、Flare 3がもったいない。
そこで、無理やりキャリアに取り付けてみました。

P5037552.jpg 

まずはホームセンターでネジと金具を購入。
六角穴のキャップボルトのほうが自転車との調和性がよく、防犯的にもいいですね。

page_20120503212304.jpg 

上位置に決めるとキャリア上部より上にはみ出してしまい、テントとか積んだときにじゃまになりそう。
下位置に決めるとブラケットがフェンダーに当たってしまい、雨の日等フェンダー取り付け時はいまいち。
テントを積むのはまだ先のことだし、頻度的に考えるとそうそうないので、上位置に決めました。

P5037556.jpg 
ブラケットを金具で挟み込むように固定。
キャップボルトもいい感じです。
既製取り付けキットみたいな出来栄えで自己満足。

P5037555.jpg 

背面はこんな感じ。
写真の見た目以上にガッチリ固定されてます。


これでひとつ不満点が解消されました\(^o^)/

P5037570.jpg 

| 自転車Goods。 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARMIN プレミアムハートレイトモニター。

P4297533.jpg

自転車走行時の心拍数を把握するために、ANT+通信のハートレートモニターを購入しました。
品を選ぶ際に、どれがよいのかよくわかりませんでしたが、肌への接触部の素材の感じと装着の容易さでGARMINを選択。

P4297534.jpg

内容物はモニターモジュールと乳バンド(ストラップ)と英語のマニュアル。
また英語か。。。
のぞむところだ。

P4297537.jpg

装着は、胸にストラップをくるっとまわして、ひょいっと引っかけるだけです。
ストラップの肌触り、いいですね。
使用を続けて汗を吸ったらいい香りがしてきそうです。
マニュアルによると
  • 毎回ゆすいでちょ
  • 5回毎に冷たい水で中性洗剤を使って手で洗ってちょ
と洗っていいようなので安心しました。

P4297535.jpg

電極が左右に2つ。
どうやら電極を水で濡らした方がいいようなことがマニュアルに書いてありましたが、本日使用した感じでは水で濡らさなくてもまったく問題なく動作しました。
電極だけはちょっとペタペタした肌触りで、最初は違和感ありましたが、そのうち慣れました。

P4297536.jpg

モジュールとストラップの取り付け(接続)はスナップでパッチン。
モジュールと電極の通電も兼ねています。
電池交換のときはパッチンと外し、モジュール裏のネジ4本を外せばOK。
電池はおおよそ4.5年(1日1時間使用)もつ模様。
1日6時間の使用としても9ヶ月くらいは使用できそうですね。
30m防水なので汗かいても安心です。

写真 12-04-29 15 56 48 

iPhoneアプリ「Cyclemeter」とのペアリングも簡単。
”新しいセンサーへの自動接続”が「オン」になっていれば、アプリを起動するだけでダイアログがでてきました。
「はい」を押せば登録完了。

写真 12-04-29 16 02 12 
「心拍数 46842」と登録されていました。
数字は混信しないためのユニークな数値なのかな?

本日、富津岬まで走ってきたので実際使用してみました。

写真 12-05-01 23 38 55 
平均心拍数129!
ドキドキしすぎでしょうか!?
日頃の運動不足がたたっているのでしょうかねぇ・・・
最高心拍数は160。
これは坂を登ったときですね。
こんなに心拍数あがっているとは。ちょっと驚き。
ま、これがわかったのもセンサーを使ったおかげです。
よかったよかった。

最近再開した(といってもまだ1日しか行ってませんが)チャリ通で、運動不足を解消したいところです。
チャリ通を三日坊主でなく続けられたら、心拍数の変化もどうなるか楽しみです。


| 自転車Goods。 | 00:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARMIN GSC10。

ANT+通信規格のGARMINのGSC10を購入しました。
動機は先日の記事にも書きましたが、ロングライドに興味が出始め、ケイデンスを意識しようと思い始めたのです。
 → 関連記事:Wahoo Key for iPhone。

P4297523.jpg

iPhoneアプリ「Cyclemeter」ではスピードセンサーは使用しなさそうでしたが、ケイデンスセンサー単体で購入するのと価格が変わらないので、こちらにしました。

P4297524.jpg

日本正規品を購入したのですが、日本語マニュアルがない(汗)
乏しい英語力を駆使しながら取り付けます。
といってもサイクルコンピュータを取り付けた経験があるので、たいして難しい物ではなさそうです。

P4297527.jpg

本体とチェーンステイの接触部に挟まるラバーパッドは2種類付属。
ANCHOR C9のチェーンステイは縦長に楕円で、最初に付いていたラバーパッドではしっくりこないので、もうひとつのラバーパッドに取り替えました。
クランクに付けるマグネット位置との兼ね合いを見ながら、大体の位置にケーブルタイで仮固定。

P4297526.jpg

クランクにマグネットを取り付け。
マグネット中心部にある窪みのラインと、本体にある目印ラインが、クランクが回ったときにちょうど重なる位置で各ケーブルタイを固定。本体とマグネットの幅は5mm以下になることが必要。

P4297528.jpg

スピードセンサーは使用しないのですが、一応装着しておきました。

これで取り付け完了。
次は動作確認。

P4297532.jpg

まずはResetボタンを押すと、赤→緑にボタンが光るようなのですが・・・
ひ、光らない。。。
とりあえず電池を変えてみようということで、新品の電池に変えたのですが、光らない。
初期不良か(泣)、とおもったのですが、よ~く見ると実はうっすらの光っていたのでありました。
日中の野外ではとても見にくいくらいの発光でした。
でも壊れてなくてよかった。

その状態でペダルを回してセンサーが検知すると赤にブリンク。スピードセンサーが検知すると緑にブリンク。
よしよし。
センサーの検知状態は良好のようです。

そしていよいよiPhoneとの接続。
Cyclemeterを起動してみると・・・

写真 12-04-29 15 45 56

いきなりペアリングのコンファームダイアログが出てきました!
ん~、すんばらすぃ~。
「はい」を押すと、

写真 12-04-29 15 46 14

ホイールサイズをセットしろと。
走行距離の測定はGPSでやるんだと思うんだけど、なにに使うんだろう。
わかりませんが、とりあえず設定しとく。

写真 12-04-29 15 46 53

設定を確認すると、センサーは「バイクスピードペダルスピード50100」と登録されていました。
”新しいセンサーへの自動接続”が「オン」になっていたので、Cyclemeterを起動した直後にダイアログが出たんでしょうね。

写真 12-04-29 16 02 53

タイヤの周長もセット。
700x32Cなので、2155mmを設定。

これでひととおりのインストールは完了。
ペダルを手で回してCyclemeterの動きを確認してみます。
ワクワクドキドキ。

写真 12-04-29 16 06 03

見事ペダルペースが出ました~!
ホイールの回転数も出ているので、ひょっとしてスピードセンサーも使用しているのかな!?
付けといて良かった。
平均ペダルペースが表示されていないのは、単に平均を計算する時間までテストしていなかっただけかと思います。

これで自分のペダルペースを把握できます。
どのくらいのペースで走ればいいのかは、これから勉強します^^;;

| 自転車Goods。 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。